ぼんやりこれからのことを考えているなう

まったくもってこのブログの方向性がわからないけれども、いわゆるチラシの裏として存続させて行くのが一番良いと思う。
何か知見を披露するほどできた人間でもないし、ひたむきに粛々とブログを書けるほどの高い意識とモチベーションも実はないし・・・

環境が変わる

近々環境が変わる。 と言っても転職するわけでも引っ越しするわけでもなく、上司が辞めるだけなんだけど。

この1年半ほど一緒に働いた上司は外国人で日本語がほとんど喋れない。
その上司と自分とでデザイナー2人の極小デザインチームとして働いてきた。

自分が先に入社して、その半年後くらいに彼がやってきた。
今冷静に考えてみると「良く採用したよな」と思う。
社内に英語で満足にコミュニケーションできる人は10人もいないし、何より自分も一切英語は喋れなかった。
なんとか雰囲気で喋れるようになってちょっと喧嘩するくらいにはなれたけれども。

だけど言語の点では本当に本当に辛さしかなかった。

言葉の壁

本当に言葉の壁は大きい。
デザイナー2人、開発チームは皆日本人、日本人組ほとんど英語喋れない、自然に自分がコミュニケーションハブになったりする。
多分外人も日本人も気を使ってくれてたと思うんだけど、それでもこの立ち位置はなかなか辛かった。
何度「ご自身で言ってよ」と思ったか。
でも、自分も自分が耐えれば丸く治るとなあなあでやりすごしていた節はあるからなんとも言えないかも。

日本語と比較して英語はパッと聞きストレートな表現が目立って状況によってたまにトゲトゲしく受け取れてしまうから、自分と上司がやりとりしているのを聞いてる周りも結構ストレスだったかもしれない。正直すまんかった。

そんなこんなで言葉の壁は辛かったけど、多分そのおかげで色々と見えたものとか英語力がちょっと向上したりとかはあったと思う。
というか日本大好き英語怖い外国行きたくない派だった自分が、まさか外国人と、しかも上司部下関係で1対1で働くことになるとは思いもよらなかった。

本当はこういうのを知見としてそれっぽくブログ記事にするべきなんだろうと思うが!
文章力がないからな!うまくまとめられない!!

自分のこれからを考える

人の人生の岐路を見るとやっぱり色々考える。
時に今回は1年半嵐のような毎日を一緒に過ごした方だし同じデザイナーとしても思うところはある。
正直自分はデザイナーには向いていないと思う。
最近作ったクリエイティブもあんまり納得できていない。
どうすれば納得できたか、もう少し落ち着いたら冷静に振り返れそうだけど、多分ズタボロ。

なんかこう楽しくものづくりをする感覚を思い出したい。

プラモデル、作るか。

つまるところ

おちこんだりもしたけれど、私は元気です。

・・・・匿名ダイアリーっぽいなこれ